中川家・剛 コロナの影響で昼夜逆転生活に、深夜の楽しみは「ただただ山を映しているやつ」

[ 2020年5月26日 16:50 ]

お笑いコンビ、中川家の剛
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、中川家の剛(49)が26日、火曜パーソナリティーを務めるニッポン放送「DAYS」(月~水曜後1・00)に出演。自粛生活において昼夜逆転の生活になっていると打ち明けた。

 番組冒頭「この時間(午後1時)ですからね、いつも起きているの。朝の7時に寝ていますからね、大体」と剛。相方で弟の礼二(48)が驚きつつ「コロナになってから?」と質問すると、「そうです」と返事し、「コロナも関係なく猫がゴロンゴロンしていてガレージで。気楽やな~、動物は」と漏らした。

 その後、礼二から「普通に寝えや」とツッコまれると、「寝られへんねん!夜中、面白テレビいっぱいやってんねん」。見ている番組について「夜中の2時から。ただただ山を映しているやつ。あれ好きなんですよ。突然、キツネ出てきますよ」と語った。

 緊急事態宣言が解除されたことにも触れた。礼二が「気、緩まんようにしたほうがええよな」とふんどしを締め直すと、剛は同調しつつ、「うがい手洗い消毒、1日5、6回やって。手はガサガサやわ」と告白した。剛は再度「みなさん油断なさらずに」と呼びかけ、「中途半端にまた、緊急事態宣言とかになってますから。これが一番辛いよ、中途半端が」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月26日のニュース