関西テレビ、野村不動産に謝罪 実在ブランドを「欠陥建築」

[ 2020年2月26日 05:30 ]

関西テレビの社屋
Photo By スポニチ

 フジテレビ系で放送中のドラマ「10の秘密」(火曜後9・00)の物語上で、実在のブランド名「プラウド」を含む名称のマンションを「欠陥建築」として登場させ、制作の関西テレビ(大阪市)が事業主の野村不動産に謝罪していたことが25日、分かった。

 問題となったのは2話から登場した「プラウドガーデン品川」。野村不動産の関係者が、無断で名称が使われた上「欠陥マンション」と扱われていることを知り、関西テレビに経緯などの確認を申し入れたところ、この日までに同局から謝罪を受けた。フジテレビも番組ホームページに謝罪文を公表した。この日の放送では最後に「実在するマンションブランドの名称と酷似しておりました」と謝罪のテロップを入れた。

 野村不動産は本紙の取材に「私どもの方から申し上げることはございません」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年2月26日のニュース