ジュニア、契約問題で吉本社員まさかの“失態”にツッコミ「うそやろ吉本」

[ 2020年2月26日 19:50 ]

千原ジュニア
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの千原ジュニア(45)が25日深夜放送の読売テレビ「にけつッ!!」(火曜深夜0・54)に出演。所属事務所「吉本興業」の社員の“失態”に「うそやろ吉本」と思わずツッコむ場面があった。

 闇営業問題から発展した、吉本と所属芸人の契約問題。ジュニアも、契約について社員と話し合いをしたそう。収録入り時間の2時間前に、現場に呼び出されたそうで「早起きしていかなあかん、面倒くさいなあ」と当時の心境を吐露しつつ、「こういう風に改善されて、俺の言ってる方に改善されましたと。他の人たちはどんな感じなの?って聞いたら『それは言えないんですけど、こうで…』みたいな」とやりとりを明かした。

 そんな中「収録時間も間もなくやし、これをまた何回もって思って、“分かった、分かった、サインするわ”って」とサインする意向を示した。社員は「ありがとうございます」と言いながら、鞄から契約書を出そうとしたが、「契約書を忘れました」とまさかの一言。

 この失態に「もう、うそやろ吉本」と嘆いたジュニア。一方で、共演者のお笑い芸人・ケンドーコバヤシ(47)は「あの感じやったら、まだ今日オッケー出さへんと思ってたんでしょうね」と大笑いしたが、ジュニアは「いや、(契約書を)置いてある場所を覚えてるって言うねん。完全に忘れててん」とツッコミが止まらなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月26日のニュース