玉川徹氏 日本の新型コロナ対策費153億円に「経済規模から言ったら兆円単位の予算を…」

[ 2020年2月26日 11:12 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の玉川徹氏が26日、同局「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。日本とシンガポールの新型コロナウイルス対策予算について言及した。

 玉川氏は、「今の段階で予算措置をして休業補償だとか、ここに予算を使わないと」と主張し、シンガポールの新型コロナウイルス対策予算について「シンガポールはGDP(国内総生産)は35、36兆円でなんですよね。日本の10分の1くらいなんですよ。それが5000億円の予算つけている」と指摘。その上で「日本は153億ですよ。本当は日本は経済規模から言ったら兆円単位の予算を投入しないといけない局面のはずなんだけど。金額にもう政府の危機感の違いが表れているじゃないですかね」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月26日のニュース