劇団四季も全公演中止 東宝やホリプロは27日上演予定も払い戻し対応 演劇界も感染拡大防止へ

[ 2020年2月26日 17:50 ]

 劇団四季は26日、新型コロナウイルス感染症対策本部の政府見解に従い、2月27日~3月8日の全公演を中止すると公式サイトで発表した。また、東宝は27日の「VOICARIONVII」(シアタークリエ)、「天保十二年のシェイクスピア」(日生劇場)を予定通り上演するが、来場が難しい観客には払い戻しの対応を行う。ホリプロも27日の「ねじまき鳥クロニクル」(東京芸術劇場プレイハウス)、さいたま芸術劇場も27日の「ヘンリー八世」について「最大の注意を払いつつ実施する予定」だが、同様に払い戻し対応。演劇界も新型コロナウイルスの感染拡大防止に動き始めた。

 国立劇場・国立演芸場・国立能楽堂(東京)国立文楽劇場(大阪)も2月28日~3月15日の主催公演を中止。新国立劇場(東京・初台)も2月28日~3月15日の全主催公演を中止する。

 <劇団四季の中止対象公演>
 ◆2月27日(木)~3月8日(日)
 「アラジン」電通四季劇場[海](東京・汐留)
 「ライオンキング」四季劇場[夏](東京・大井町)
 「キャッツ」キャッツ・シアター(東京・大井町)
 「パリのアメリカ人」京都劇場(京都)
 「リトルマーメイド」北海道四季劇場(札幌)/大阪四季劇場(大阪・梅田)
 「ノートルダムの鐘」キャナルシティ劇場(福岡・博多)
 <全国公演>
 「カモメに飛ぶことを教えた猫」
 3月4日(水)石垣公演~3月9日(月)宮古島公演
 ※3/5(木)3/9(月)は「こころの劇場」公演
 「はだかの王様」
 2月28日(金)延岡公演~3月10日(火)佐賀公演
 ※2/28(金)3/3(火)3/6(金)3/10(火)は「こころの劇場」公演

 <新国立劇場の中止対象公演>
 オペラ研修所修了公演「フィガロの結婚」
 バレエ「マノン」(クラスレッスン見学会を含む)
 バレエ研修所修了公演「エトワールへの道程2020」

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月26日のニュース