嵐 米津玄師とコラボ「カイト」を絶賛「めっちゃいい曲」 6人だけの飲み会も明かす

[ 2019年12月29日 19:38 ]

「第70回NHK紅白歌合戦」リハーサルで、取材に応じた嵐の(左から)相葉雅紀、二宮和也、櫻井翔、大野智、松本潤
Photo By スポニチ

 大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(後7・15)の2日目のリハーサルが29日に行われ、2年連続3回目の大トリとなる「嵐」が報道陣の取材に応じた。「嵐×紅白スペシャルメドレー」としてデビュー曲「A・RA・SHI」などを披露する。

 東京五輪・パラリンピックのNHKテーマ曲に採用された「カイト」を特別企画で披露。今回、初披露となる楽曲は、シンガー・ソングライターの米津玄師(28)が作詞作曲を手掛け、来年さまざまな番組やサービスで使用する「NHK2020ソング」として、五輪期間だけでなく、嵐が活動を休止する来年末まで年間を通じて長く歌い広めていくことになる。

 松本潤(36)は楽曲について「めっちゃいい曲です。米津くんらしい曲になってるし、米津くんの声のデモを聞いた時は『これを僕らが歌わせてもらうんだ』と感動した。何より僕らの声でレコーディングした曲も『米津くんの歌を僕らが歌うとこうなるんだな』って。自分が歌うというよりも嵐が歌うことをイメージして曲も詞も書いてくれたと言ってくれていた。こういうイメージが僕らにあるんだんと感じられて嬉しかった。嵐のファンの方とか僕らを知っている人が聴いたら『あれ?』ってなるかもしれない」。櫻井翔(37)は「一生の宝になりそうな映像になりそう。すごい楽しみにしていただきたい」と目を輝かせた。

 初対面の日には、嵐5人に米津を加えた6人で飲みに行ったそうで、「その時間があってこそ、いろんな話をしたおかげで書けたこともあると言ってくれていた」と櫻井。それでも、6人で打ち解けたようで、二宮和也(36)は「(米津が)後半全然覚えていないと言っていた」と笑わせた。

 6人での話題は幅広く、アニメ、ゲーム、絵、音楽、アートと多岐にわたったようで、櫻井は「僕は回してました。基本的には『馬と鹿』の話をしてました」と明かした。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月29日のニュース