紅白初出場のLiSA「アニメ界の代表として」 「鬼滅の刃」OP曲「紅蓮華」届ける

[ 2019年12月29日 14:48 ]

<「第70回NHK紅白歌合戦」リハーサル 2日目>取材に応じたLiSA
Photo By スポニチ

 大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(後7・15)のリハーサルが29日に行われ、初出場のLiSA(32)が「紅蓮華」を披露した。

 初出場が決まった際の周囲の反響は大きかったようで、「こんなにも人生で『おめでとう』って言われることがあるんだなと。成人式の時よりも多かった」と報道陣を笑わせた。

 NHKホールのステージは過去に何度も経験しているが、紅白での出場となると話は別で、リハーサルでさえ「緊張しました」。一方では「『あのセットはこうなっているんだー』とか、ステージからでしか見えない紅白を感じたい」と話した。

 歌唱力だけでなく、独特のファッションセンスでも人気を集めているだけに本番での衣装のプランを聞かれると、「令和初の紅白ですし、日本らしい名前の曲でもあるので、日本を意識した服で歌いたいですね」と明かした。

 「紅蓮華」は、テレビアニメ『鬼滅の刃』のオープニングテーマ。今年の出場者の顔ぶれの中では、アニソン歌手を代表しての出場とも言える立場だけに抱負を聞かれると、「私自身、アニメを通して感動やパワーをもらってきたので、作品を愛してくれている人にアニメ界の代表として歌を届けられたら」と意気込んでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月29日のニュース