“歌怪獣”島津亜矢「今、歌手として一番幸せ」

[ 2019年12月29日 11:15 ]

<第70回NHK紅白歌合戦リハーサル 2日目>取材に応じた島津亜矢
Photo By スポニチ

 大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(後7・15)のリハーサルが29日に行われ、5年連続6回目の出場となる島津亜矢(48)が登場し、「糸」を披露した。

 今回はクラシック界の貴公子とも称される大人気ピアニスト、清塚信也(37)が伴奏を担当するが、「清塚さんのピアノの音色をしっかり受け止めて歌いたい」と意欲満々。

 そのレパートリーの幅広さから近年は“歌怪獣”の異名を取る島津。「演歌というジャンルにとらわれず、これからも様々ないい曲を歌っていきたい。今、歌手として一番幸せです」と充実感をにじませていた。

 「糸」は結婚式での定番ソングだが、記者から自身の結婚の予定について聞かれると「私ももう50歳前ですからねえ…。でもいいご縁があれば」と笑顔を見せていた。

 当日のステージでは、毎年恒例となった着物姿での歌唱になるという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月29日のニュース