テレ東・鷲見玲奈アナ、来年1月の五輪番組降板…不倫疑惑浮上、発表直前に変更

[ 2019年12月29日 06:20 ]

五輪番組を“降板”していた鷲見アナ
Photo By スポニチ

 先輩アナウンサーとの不倫疑惑が浮上し、担当番組への欠席が続いているテレビ東京の鷲見玲奈アナウンサー(29)が、来年1月に放送される東京五輪特番を降板していたことが28日、分かった。

 降板したのは、1月24日に民放5局が放送する「東京オリンピックまで半年!民放同時放送 一緒にやろう2020大発表スペシャル(仮)」(後6・40)。東京五輪イヤーを盛り上げるべく、民放各局が手を組んで放送する共同企画番組だ。

 番組には各局のアナウンサーが1人ずつ出演する。東京五輪キャスターに決定しているTBS・安住紳一郎アナ(46)とフジ・宮司愛海アナ(28)に加え、日本テレビ・桝太一アナ(38)、テレビ朝日・弘中綾香アナ(28)が登場。まさにエースアナの共演といった内容で、スポニチ本紙の取材では、鷲見アナもテレ東の代表として出演が決まっていた。

 だが、今月18日に発表された出演者一覧に名前はなく、テレ東の代表は竹崎由佳アナ(27)となっていた。背景について番組関係者は「降板が決まったのは発表の数日前。不倫疑惑が報道されることが分かり、局側も苦渋の決断をせざるを得なかったようだ」と説明した。直後の22日、増田和也元アナ(37)との不倫疑惑が公になっている。

 テレ東の東京五輪キャスターは未発表だが、スポーツ番組を担当する鷲見アナはその1人にほぼ内定していた。同局関係者は「今回の特番に出るということは、テレ東の五輪番組にも出るということ。だがこの騒動で五輪キャスターの目はなくなった」と話している。局側は不倫疑惑を否定しているが、鷲見アナの番組欠席は何の説明もなく続いている。降板に関して同局広報部は「1月24日の特番の出演者は、すでに発表した通りです」と回答した。

 また、鷲見アナがフリー転身を検討していたことも判明。芸能事務所の関係者は「鷲見アナは来年5月に30歳を迎える。節目の年にフリーへ転身することも視野に入れており、周囲には“東京五輪が終わるまではテレ東で頑張ります”と話していた」と明らかにした。しかし不倫疑惑によるイメージダウンは大きく、プランを練り直す必要がありそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年12月29日のニュース