Official髭男dism メンバー唯一独身の楢崎、自身の結婚は「ゼロではない」

[ 2019年12月29日 14:37 ]

「第70回NHK紅白歌合戦」リハーサルで、取材に応じたOfficial髭男dism
Photo By スポニチ

 大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(後7・15)の2日目のリハーサルが29日に行われ、初出場の4人組バンド「Official髭男dism」はストリーミング再生で爆発的にヒットした「Pretender」を披露する。

 藤原聡(28)はリハーサルを終え「テレビで見た景色だと思った。すごく当日が楽しみ。初めて自分たちの音楽を聴いてくださる方と、今まで応援してくださった方にも僕たちがいいなと思ってきた音楽をしっかりと届けられるように、4人で力を合わせてパフォーマンスしたい」と意気込み。今年1月のコンサートで紅白歌合戦でNHKホールに返ってくることを誓った4人。藤原は「1月の時はまさかその年の年末に紅白に出られるとは思ってなかった」としつつ「口に出すってすごく大事なことだなと4人で話しました」と感慨深げに話した。初出場が決まった時の家族の反応については、小笹大輔(25)は「体調を崩さないようにと体のことを心配されました」と笑った。

 ストリーミング再生での飛躍が目覚ましかった2019年を振り返り、「やっぱりたくさんの方が自分たちの音楽を聴いてくれる一年になったんですけど、当然、まだまだ僕たちのことを知らない人もいらっしゃるので、これからももっともっといい音楽を届けて、4人で年を重ねていきたい」と藤原。

 今年は楢崎誠(30)以外の3人が結婚するという、プライベートでも節目となった。松浦匡希(26)は「人生の節目で気持ちも改まった。また一から頑張ろうという気持ちになった」と気を引き締め、藤原も「バンドとしてもメンバー個人個人としても人生にとって大事に年になったなと思う」と語った。バンドただ一人の独身となった楢崎は自身の結婚について聞かれ、「ゼロではない」と繰り返し、報道陣の笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月29日のニュース