ボルト氏 白組司会・櫻井に五輪の魅力語る キーワードは「挑戦」と「リスペクト」

[ 2019年12月29日 05:30 ]

「第70回NHK紅白歌合戦」 ( 2019年12月31日 )

ガッチリ握手をする櫻井翔(左)とボルト氏
Photo By 提供写真

 白組司会を務める櫻井翔(37)が陸上男子100メートルの世界記録保持者のウサイン・ボルト氏(33)をインタビューした様子が番組内で放送されることになった。NHKが発表した。

 櫻井はボルト氏が100メートル、200メートルなどで計8個の金メダルを獲得した北京、ロンドン、リオデジャネイロの3大会全てで日本テレビの五輪キャスターを務めた。現地で直撃したこともあるボルト氏と再会し、20年東京五輪に寄せる期待や五輪の魅力を聞く。

 ボルト氏は「挑戦」と「リスペクト」をキーワードに掲げ、世界最速の男ならではの視点で東京五輪成功の秘けつを熱く語っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月29日のニュース