磯野貴理子、つば九郎の結婚願望に「一応、あたしも独身だからね」とアピール 大型カップル誕生か?

[ 2019年12月29日 17:12 ]

磯野貴理子
Photo By スポニチ

 フジテレビの「はやく起きた朝は…」(日曜前6・30)が29日午前6時から「2019年ありがとうSP」として放送され、5月に24歳下でバーテンダーの夫と離婚したタレントの磯野貴理子(55)が大ファンであるプロ野球ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」と共演。まさかの展開が繰り広げられた。

 磯野、森尾由美(53)、松居直美(51)の出演者3人で1994年の前身から続く長寿番組。この日は今年最後の放送とあって通常の倍となる1時間に放送時間が拡大され、3人それぞれが今年1年で一番感謝したい人に会いに行った。

 5月に同番組で離婚を発表した磯野は「一番感謝したいのは観てくださっている方々」と視聴者に感謝しつつ、自身の感謝したい人に「つば九郎」を指名。つば九郎の住む神宮球場までに会いに行った。そして「つば九郎にお礼を言いに来たの。私、今年さ、離婚したでしょ?その時にね。“つばめ刑事”(つば九郎主演映画)に出してもらってありがとうね。あとね、つば九郎がすごくいじってくれたじゃない?優しくね」と語りかけると、つば九郎は得意の筆談で「しゅく2どめ」と愛ある攻撃を開始。「めでたいことじゃないの!」と言い返す磯野に「2どあることは3どある」と畳みかけた。

 すると「3度目もあるかしら?」とまんざらでもない表情の磯野。「つばめ刑事」での役が清掃員だったこともあり、クラブハウスの掃除をしたり、つば九郎の顔を丁寧に拭いたりして感謝の気持ちを表した。

 感謝ついでにつば九郎へ愚痴や不満はあるかと尋ね、解決したいと呼びかけたところ「けっこんしてこどもがほしい」との答えが。「解決できることだったらいいなあ」と言いながらつば九郎がスケッチブックに書き込むのを待っていた磯野は「えっ!?嘘でしょっ!?」とまさかの返答に驚いて声をあげて何度も「本当?」と確認。本心だと確認すると「彼女ほしいの?そっかぁ…。これは皆で考えるわ。ねっ!」と優しく目の前の独身ツバメを励ました。

 そしてつば九郎が「3ぽさがってあるくひと」とタイプを記すと、磯野は「一応、あたしも独身だからね、つば九郎ね」と突然の求愛?アピール。ここですかさず「がつがつしないひと」と返されると「ちょっと!何よそれ!もう!」と不満げな表情を浮かべたが、その後は1人と1羽で仲良く手をつないで神宮球場の外をお散歩へ出かけた。大型カップル誕生はあるのか。2020年の動きが注目される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月29日のニュース