DA PUMP 何か起こる?“ONE TEAMメドレー”ISSA「全力で楽しみたい」

[ 2019年12月29日 05:30 ]

「第70回NHK紅白歌合戦」リハーサル ( 2019年12月28日    東京・渋谷NHKホール )

DA PUMPの(左から)TOMO、DAICHI、YORI、ISSA、KENZO、KIMI、U-YEAH
Photo By スポニチ

 7回目の出場となる「DA PUMP」は、今年開催のラグビーW杯の演出をふんだんに取り入れた「ONE TEAMメドレー」を披露する。リーダーのISSA(41)は「選手の方も来ていただけるようなので、ぜひ一緒に盛り上がりたい」と“ONE TEAM”でのパフォーマンスに胸を張った。

 日本代表チームの映像が流れる中、バックダンサーたちのスクラムでステージが始まる。メンバーのYORI(39)、TOMO(38)、KENZO(34)がラインアウトを模して高々とリフトされる場面も。だがYORIとTOMOは高所恐怖症で、KENZOは「2人の表情に注目してください」と語った。

 今年は現体制になってから初の全国ツアーも行った。一時はYORIが「胸椎類骨骨腫」の手術を受け休養していたが、11月27日に復帰。「メンバーがつないでくれた絆をしっかり見せたい」と完全復活をアピールした。

 グループはこれまで、数々の“サプライズ演出”を本番に取り入れてきた。当日のアドリブについて報道陣から問われると、ISSAは「本番は僕も分からない。とにかく全力で楽しみたい」と不敵な笑みを浮かべた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月29日のニュース