GENERATIONS 白濱亜嵐「夢のような舞台」に感慨 “しぶこ”とのコラボも?

[ 2019年12月29日 12:35 ]

「第70回NHK紅白歌合戦」リハーサル 2日目>取材に応じたGENERATIONSの(左から)小森隼、白濱亜嵐、数原龍友、中務裕太、片寄涼太、佐野玲於、関口メンディー
Photo By スポニチ

 大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(後7・15)の2日目のリハーサルが29日に行われ、初出場のGENERATIONSは「EXPerience Greatness」を披露。「EXPG STUDIO」のキッズダンサーたちがバックダンサーを努める。

 白濱亜嵐(26)は「僕たちにとって紅白は夢のような舞台だった。毎年、紅白に出られるかは気にしていた。今後も出続けたい。日本の皆さんに必要とされるグループを目指したい。念願の出場です」と前を向いた。

 数原龍友(26)はリハーサルを終え「他の番組と全然違う雰囲気で、この仕事が始まった(とき)以上にフラッシュ向けられた」と紅白独特な雰囲気に苦笑。「紅白がどれだけ歴史があるのかと。ここまで来て初めての経験ができているのが貴重な経験。ひとつひとつ忘れないように(心に)刻みながら本番を迎えたい」と話した。

 本番の衣装については、現代アーティストの田名網敬一氏とのコラボだといい、佐野玲於(23)は「紅白のために衣装を手掛けていただいた。自分たちも思い出に残る衣装になっている。今までの衣装の中でも最も身の引き締まる衣装になっている」とした。

 「EXPG STUDIO」のキッズダンサーたちとのコラボも見どころ。中務裕太(26)は「EXPGはLDHのジュニアの世代で、ほとんどEXPG出身。生徒の皆さんを背負わせていただいて、その中で何十年後かに紅白歌合戦に出るアーティストになるかもしれないので、夢を持った子供たちとパフォーマンスできるのは嬉しい」。他のアーティストとの共演については、片寄涼太(25)は「菅田将暉さんはドラマでも共演させていただいて、同じステージに立たせていただけるのはうれしい」と笑顔を見せた

 審査員を務めるプロゴルファーの渋野日向子(21)はEXILE TRIBEファンとして知られている。関口メンディー(28)は「本当にスポーツとか多方面から僕たちを応援してくださるのはうれしい。少しでも背中を押せるアーティストになれたら」と前を向いた。ただ、渋野は「FANTASTICS」リーダーの佐藤大樹(24)のファンと公言していることもあり、数原は「この中に一番押しがいないのがGENEのいいところ」と自虐的に笑った。

 けん玉にも挑戦する企画も。数原は「目をつぶっても決めてやります。絶対に失敗しないようにします!」と力を込めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月29日のニュース