郷ひろみ 3元号でトップバッター「本当に幸せ」 東京五輪チケットはずれてボヤキも…

[ 2019年12月29日 10:32 ]

<第70回NHK紅白歌合戦リハーサル 2日目>取材に応じた郷ひろみ
Photo By スポニチ

 大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(後7・15)の2日目のリハーサルが29日に行われ、32回目の出場となる郷ひろみ(64)が「2億4千万の瞳 -エキゾチック“GO!GO!”ジャパン-」を披露した。

 令和最後の紅白でトップバッターを務めることに「最初にトップバッターと聞いた時は僕でいいのかな、僕の年齢わかってるのかなと思った」と笑わせつつ、「振り切って最高のパフォーマンスして次のバッターにつなげたい」と気合十分。NHKホール全体を使ったパフォーマンスに「大変なパフォーマンスになるので、僕も楽しみ」と郷。昭和、平成、令和とトップを務めることには「本当に幸せなこと。令和のトップバッターなんで、なかなか経験できない。見ている人が元気になれるような最高のパフォーマンスを、NHKホールから伝えていきたい」と話した。

 来年は東京五輪ということで、スポーツをイメージしたステージとなるが、「日本ガンバレ!じゃないけど、1人の日本人として多くのメダルを獲得してほしいということを踏まえて、歌っていきたい」。ちなみに、五輪のチケットは「1次も2次も外れました。どんだけくじ運ない男なんだ」と苦笑。「テレビのほうが間近で見られるかな」と開き直り、笑わせた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月29日のニュース