オードリー・若林、M-1「ぺこぱ」に感涙「ものすごい発明。時代の転換点を目の当たりに」

[ 2019年12月29日 18:27 ]

お笑いコンビ、オードリーの若林正恭
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、オードリーの若林正恭(41)が28日深夜放送のニッポン放送「オードリーのオールナイトニッポン」(土曜深夜1・0)に出演。「M-1グランプリ2019」の決勝戦を見て感涙したことを明かし、最終順位で3位となった「ぺこぱ」を手放しで褒め称えた。

 若林は“否定しないツッコミ”を披露して話題となった、ぺこぱについて、「こんなウルトラCがあるんだって。笑い飯さんを初めて見た時とか、(南海キャンディーズの)山ちゃんのツッコミを見た時とかに匹敵するぐらい、腰が抜けたかも。ものすごい発明だよ」と驚きを隠せない様子。決勝のネタを見て、「ぺこぱの真ん中あたりから爆笑して俺ね、泣いていたんだよね。感動の涙」と告白した。

 若林もツッコミ担当とあり、「多様性とツッコミって相性が悪い。ツッコミって、指摘とか否定とか非常識ですよってことだと思うんだけど、そういうことって多様性を飲み込む」と分析。ぺこぱの漫才は違っていたといい、「1回ツッコミをかけるじゃん。ツッコミをかけた後、飲み込むっていう。その1個のツッコミの中で、振りと緊張と緩和を使い分けると、あ、こんな伝わるんだって」と衝撃を受けたという。「ぺこぱが出てきたっていう、時代の転換点みたいなものを、目の当たりにして」とも語った。

 ぺこぱの後に登場し、準優勝した「かまいたち」の漫才を見ても泣いたそう。「多数派に屈するなって思ったら、かまいたちさんも、爆笑しながら号泣しちゃって、リビングで」と打ち明けた。若林の熱のこもったトークに、相方の春日俊彰(40)は、「ちょっと難しいな、多様性とか」と返して、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月29日のニュース