テツ 五木ひろしのような歌手になりたいと思って上京した過去明かす 20年来の親交

[ 2019年9月6日 17:17 ]

お笑いコンビ「テツandトモ」のテツ(左)とトモ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「テツandトモ」のテツ(49)とトモ(49)が6日、フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜後1・45)に生出演。歌手の五木ひろし(71)の5日に行われた歌手生活55周年パーティー「感謝の饗宴」に出席したことや、五木との親交について語った。

 番組では、「感謝の饗宴」の超豪華な招待客に名を連ねていたテツandトモの2人を直撃取材。五木とテツandトモは20年来の親交があるそうで、パーティーに招待されたという。パーティー終了後、2人は出席者全員に贈られたお土産のオルゴールを公開。さらに、2人は五木の魅力を語り出し、話したりないと「スタジオに行っちゃいまーす」と宣言、スタジオに生登場した。

 テツは、小さい頃から五木の大ファンで、五木のような歌手になりたいと思って上京したという。すると「ある番組のプロデューサーの方が紹介してくれて、それから、いろんなイベントでお世話になって…」と言い、トモは「私たちの20周年の記念のライブも、ゲストで来てくださって。(2人が大好きな)『暖簾』(1989年)を一緒に歌わせていただいて…」と、親交の深さを明かした。

 最後にテツは「僕たちもいろんなパーティーとかに行かせていただくと『自分たちも初心に戻って頑張ろう』という気持ちになる。五木さんからパワーをいただいて(いる)」と、熱く語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月6日のニュース