大森南朋主演「サイン」第8話11・1% 2週連続2桁視聴率!

[ 2019年9月6日 09:41 ]

木曜ドラマ「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」制作発表記者会見に出席した(左から)西田敏行、高杉真宙、松雪泰子、大森南朋、飯豊まりえ、仲村トオル
Photo By スポニチ

 俳優の大森南朋(47)が主演するテレビ朝日のドラマ「サインー法医学者 柚木貴志の事件ー」(木曜後9・00)の第8話が5日に放送され、平均視聴率が11・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが6日、分かった。初回は、7月スタートの民放連続ドラマの初回としてはトップの14・3%をマーク、第2話は9・5%、第3話は11・5%、第4話が9・5%、第5話は10・7%、第6話は9・9%、第7話は10・0%だった。

 韓国の人気サスペンスのリメーク。大森演じる愚直なまでに真実と正義を追求する偏屈かつ無頼な解剖医・柚木貴志が、飯豊まりえ(21)演じる新人解剖医とコンビを組み、真実を隠蔽しようとする絶対的権力に立ち向かっていく姿を描く。ほかに共演は、松雪泰子(46)、高杉真宙(23)、仲村トオル(54)ら。

 第8話は、人気歌手・北見永士(横山涼)を毒殺した罪で服役するも不審死を遂げた宮島清花(柳美稀)、そして実際に永士の飲み物に青酸カリを入れた所属事務所社長・会田幹彦(猪野学)。2人と共謀した主犯は次期総裁候補・島崎藤一郎(小木茂光)の娘・島崎楓(森川葵)であり、彼女こそが北見を窒息死させてとどめを刺したに違いない―。北見の喉から見つかった青い繊維と照らし合わせ、そう確信する「日本法医学研究院」の解剖医・柚木貴志(大森南朋)。だがその矢先、真実の鍵を握る会田が死亡してしまう…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月6日のニュース