テレ東 金曜7時枠で新バラエティー「先生、、、どこにいるんですか?」 山ちゃんは「問題作だと」

[ 2019年9月6日 15:18 ]

「南海キャンディーズ」山里亮太
Photo By スポニチ

 テレビ東京の新バラエティー「先生、、、どこにいるんですか?~会って、どうしても感謝の言葉を伝えたい。~」(金曜後6・55)が10月4日からスタートする。

 どんな人にもいる記憶に残る先生の居場所を知りたいと願い芸能人がガチで居場所を突き止め、生存確認をする。ガチだからこそ、依頼人のリアルな喜怒哀楽を映し出す、新しい感動ドキュメントバラエティー。7月に「先生、、、生きてますか?」のタイトルで放送された特番のレギュラー化となる。

 番組MCは俳優のユースケ・サンタマリア(48)、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」。お世話になった「先生」にもう一度会いたいという依頼を受け、直接会って感謝を伝える。もしお亡くなりになっていれば、墓前に手を合わせて近況報告をする。今までになかったガチの「生存確認ドキュメント」だからこそ、予定調和の大団円で終わることはない。

 番組プロデュサーの伊藤隆行氏は「ただ先生探すだけ」とぶっちゃけ。「会いに行かなければ記憶に残るだけ。先生、生きてるんですか?って心の声を形にして1回だけ特番をやったけど、だれも見てない結果に終わった」と苦笑しつつ、「内容的には面白い。シンプルですけど、恩師に会いに行って、どういう言葉をもらったか、重みがあっていいのではないかと。次はもうちょっと見てほしい」と笑わせた。

 6日に行われた同局の10月改編説明会にMCの南海キャンディーズがゲスト出演。伊藤氏は、6月に女優の蒼井優(34)との結婚会見中に「今ぐんぐん好感度上がってませんか?」とオファーしたといい、出演に至ったことを告白。これを聞いたしずちゃん(40)は「山ちゃんの結婚会見で決まったんですか?」と苦笑。「正直、結婚バブル。それでMCが決まったり、キューピットバブルでお仕事いただいたりしていたと相方の結婚バブルが続いていることを明かし、「最たるものですね。久しぶりのコンビでの仕事。だいぶなかったので、めっちゃありがたい」と笑顔を見せた。 山里亮太(42)も「ありがたい。結婚バブルもありましたから」とホクホク。「問題作だと思いますよ」とあおりつつ、「もし会う先生がいなくなったら、池の水抜きに行こうと思う」と同局の人気番組を引き合いに笑わせた。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月6日のニュース