五木ひろし、歌手生活55周年 夫人に感謝「頭が上がりません」

[ 2019年9月6日 05:30 ]

鏡割りで五木ひろし(右)にメッセージを送る北島三郎(中央)。左は小泉純一郎元首相
Photo By 提供写真

 歌手の五木ひろし(71)が5日、歌手生活55周年パーティーを都内で行った。

 「感謝の響宴」と題し「いろんな出会いがあって今がある。感謝の気持ちを伝えたい」と企画した。森喜朗氏、小泉純一郎氏と2人の元首相が祝辞を贈り、演歌界の先輩の北島三郎(82)が鏡抜きの発声を担当。政界や財界、芸能界、スポーツ界などから約550人が招待された。

 五木は「よこはま・たそがれ」「長良川艶歌」をはじめ、最新曲「麗しきボサノヴァ」を含め55年を振り返るように昭和、平成、令和の歌を披露。若々しさの秘けつは「常に目標を持ち、チャレンジすること」と明かし「女房なくして健康なし。一番の大きな力。頭が上がりません」と夫人に感謝した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月6日のニュース