アンガ田中 関ジャニ∞の47都道府県ツアーに「僕らだったら大赤字」、錦戸には「淋しい…」

[ 2019年9月6日 13:46 ]

「アンガールズ」の田中卓志
Photo By スポニチ

 関ジャニ∞から錦戸亮(34)が脱退し、今月末でジャニーズ事務所を退所することについて、アンガールズの田中卓志が6日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で「淋しい…」などと語った。

 「関ジャニの番組によく出させていただいて」と感謝し、「関ジャニってトークの連携が凄くとれているじゃないですか」と指摘。「錦戸君はその中で、ちょっと天然で癒し系みたいな。あの錦戸君が見れなくなっちゃうのは淋しいところもあるんですけど」と残念そうな表情を浮かべた。

 一方で「ここでもっとやりたいことがあるって、その方向に舵を切るって、30代ぐらいがもうラスト」と、事務所を辞めてまで新たに挑戦する錦戸の決断も理解。「40代になったらね、(舵を)切りづらくなる。それを考えたらここで意思を大切にしてあげたんじゃないかな」と、残るメンバー5人やジャニーズ事務所らの考えを推察した。

 錦戸脱退後の関ジャニ∞は、11月から半年がかりで47都道府県を回る全国ツアーを開催予定。これについても「47都道県回るっていう、びっしり回るっていうところが凄い。僕らなんか、そんなところ回ったらチケット売れませんよ。大赤字で終わるだけですから」と話して爆笑を誘った。さらに「全国で待っててくれるファンご挨拶に行くのは大事だと思います」とエールを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月6日のニュース