松本白鸚 初演から50年の「ラ・マンチャの男」開幕へ「初日を前に今の心は真っ白です」

[ 2019年9月6日 18:22 ]

ミュージカル「ラ・マンチャの男」の初日を控え意気込みを語った(左から)駒田一、松本白鸚、瀬奈じゅん
Photo By スポニチ

 日本初演から50年を迎えたミュージカル「ラ・マンチャの男」の開幕を7日に控え、主演の松本白鸚(77)、瀬奈じゅん(45)、駒田一(55)が6日、大阪・フェスティバルホールで取材会を行った。

 松本は「初演から50年ということですが、まるで昨日のことのようで感無量です。ミュージカルの俳優としてデビューしたのがここ大阪。55年前、越路吹雪さんとやった『王様と私』でした。ミュージカル俳優を生んでくれた土地で、初演から50年たったけれど、初日を前に今の心は真っ白です」としみじみ語った。

 同作に初めて参加する瀬奈は「この作品に携われて女優人生において大きなできごと。50年という歴史を台無しにしないようにしないと」と気持ちを引き締めていた。公演は同ホールで12日まで。その後10月4~27日まで東京・帝国劇場などで上演される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月6日のニュース