羽生九段 獲得賞金・対局料2年ぶりトップ 藤井七段はトップ10入りならず

[ 2019年2月7日 15:18 ]

羽生善治九段
Photo By スポニチ

 日本将棋連盟は7日、2018年の獲得賞金・対局料ベスト10を発表した。羽生善治九段(48)が、7552万円で2年ぶりのトップに返り咲いた。2位は佐藤天彦名人(31)で5999万円、3位は前年1位の渡辺明棋王(34)で5119万円だった。

 タイトル戦で賞金最高額の竜王戦は例年、前年の賞金が反映される。17年の竜王戦では挑戦者の羽生が渡辺を破り、タイトルを奪取していた。現在のタイトル保持者は7人おり、2位から8位を占めた。王将戦7番勝負で現在、渡辺の挑戦を受けている久保利明王将(43)は7位だった。

 昨年朝日杯オープン戦、新人王戦で優勝した藤井聡太七段(16)の初のトップ10入りはならなかった。

 10位までの賞金・対局料は以下の通り(カッコ内は17年順位)。

 1位 羽生善治九段 7552万円(3位)

 2位 佐藤天彦名人 5999万円(2位)

 3位 渡辺明棋王 5119万円(1位)

 4位 豊島将之王位・棋聖 4722万円(12位)

 5位 広瀬章人竜王 2802万円(18位)

 6位 高見泰地叡王 2636万円(63位)

 7位 久保利明王将 2598万円(4位)

 8位 斎藤慎太郎王座 2393万円(13位)

 9位 菅井竜也七段 2193万円(7位)

 10位 深浦康市九段 2189万円(19位)

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年2月7日のニュース