東大生ミス日本度會さんにスポーツ庁大地長官「本当のエリート」

[ 2019年2月7日 05:30 ]

スポーツ庁の鈴木大地長官を表敬訪問し握手するミス日本グランプリとミススポーツの度會亜衣子さん(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 「第51回ミス日本コンテスト2019」(スポーツニッポン新聞社後援)でグランプリとミススポーツを受賞した東大2年の度會(わたらい)亜衣子さん(21)が6日、東京・霞が関のスポーツ庁で、同庁の鈴木大地長官(51)を表敬訪問した。

 度會さんは、前期教養学部理科3類で医学を学びながら水泳部に所属し、文武両道を地でいく。スポーツの楽しさについて問われると「テスト前など勉強ばかりの時でも、体を動かすことでスッキリします」と“優等生”回答。鈴木長官は「本当のエリートですね」と笑顔を浮かべ「これからもスポーツを広める役割を担ってほしい」と呼びかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年2月7日のニュース