新井浩文容疑者を解雇 性的暴行で所属事務所「誠意持って対応」

[ 2019年2月7日 05:30 ]

新井浩文容疑者
Photo By スポニチ

 東京都世田谷区の自宅マンションで昨年7月、派遣型マッサージ店の30代女性従業員に乱暴したとして、強制性交の疑いで1日に逮捕された俳優新井浩文容疑者(40)が所属事務所アノレから解雇されたことが6日、明らかになった。

 事務所が同日、公式サイトで発表。5日付で専属マネジメント契約を解除したことを報告した。被害女性や関係各所へ謝罪し「弊社としても引き続き、誠意を持って対応させていただく所存です」としている。

 捜査関係者によると、新井容疑者の取り調べは続いているが、素直に応じているという。これまでに「好みの女性だった。性的な行為はしたが無理やりだったかどうか覚えていない」などと供述。暴行など一部容疑については否認を続けている。事務所関係者によると、一般面会が可能になった5日、事務所幹部が弁護士を交えて新井容疑者と接見。直接話をした上で同日の解雇となったとみられる。

 映画、ドラマなど約130本の作品に出演した名バイプレーヤーだけに波紋は広がるばかり。映画2本の公開が控え、ドラマも配信停止や再放送の編集し直しなどが発生。業界関係者は「映画がお蔵入りなら損害賠償は億単位の可能性も」と指摘。新井容疑者が背負うことになる損害賠償についても、事務所が仕事先へ対応を続けるとみられる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年2月7日のニュース