立川志らく 「くら寿司」アルバイトの不適切動画投稿に“損害金”「請求すべき」

[ 2019年2月7日 11:29 ]

落語家の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(55)が7日、コメンテーターを務めるTBSの情報番組「ひるおび!」(月〜金曜前10・25)に生出演。回転寿司大手「くら寿司」の男性アルバイトが店内で不適切な動画を撮影してインターネット上に投稿したとして「くら寿司」を運営するくらコーポレーションが謝罪したことについて「損害を金額にして(アルバイトに)請求すべき」と主張した。

 動画は大阪府守口市の店舗で撮影され、アルバイト店員が食材の魚をごみ箱に捨てた後、ふざけてまな板に載せようとする姿が写っている。同社によると、問題の魚はその場で廃棄処分され、客には提供されていないことを確認したという。

 志らくは「バイトはクビになったって他のバイトいけばいいけど、(運営会社は)ものすごい損害を受けるわけでしょ、イメージだけで。それはある程度、金額にして請求すべき」と指摘。その理由について「こういうことやったらものすごい自分は損をするんだってね、そうしないとこういういたずらっていうのは、みんな頭悪いから大丈夫だろうってやっちゃうの、こいつら。だけど1億円の損害ですっていって取られちゃったりしたらやんなくなるでしょ。分かんないやつはそういう厳しい罰を与えないと」と説明した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月7日のニュース