花田優一氏「ダウンタウンなう」出演に松ちゃん「このタイミングで大丈夫?」

[ 2019年2月7日 15:12 ]

「ダウンタウンなう」に出演する花田優一氏(左)(C)フジテレビ
Photo By 提供写真

 大相撲の元貴乃花親方の花田光司氏(46)と元フジテレビアナウンサーの河野景子さん(54)の長男で靴職人の花田優一氏(23)が8日放送のフジテレビ「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)に出演。父・元貴乃花親方の教育について語る。

 今何かと世間を騒がせている優一氏の登場とあって、彼が待つちゃんこ料理店の前に着くと、ダウンタウン松本人志(55)も「何をどこまで聞いていいんやろ」と戸惑いながら店内に入る。

 靴職人でありながら、積極的なメディア露出に加え、顧客からのクレームや身辺トラブルなどが次々に報じられた優一氏。思わず松本が「このタイミングでこういう番組出てきたら、ややこしくない?大丈夫?」と突っ込みを入れつつ、トークがスタートする。生まれた時からマスコミには慣れていると語る優一氏だが、果たして今の自身の騒動や報道についてどう感じているのか。

 平成の大横綱・貴乃花の長男として生まれ、18歳でイタリアへ靴職人の修行に出発。22歳で結婚、23歳で離婚するなど、独特の生き方を貫くが、その基礎には父・元貴乃花親方の教育が大きく影響しているという。その独特過ぎる教育法について、テレビで初めて語られるエピソードを含めて赤裸々に語っていく。

 “父には必ず敬語”“外食選びに妥協なし”“男のロン毛は力士以外NG”といった次々に明かされる花田家の独特のルールに一同驚きを隠せない。父については「憧れている」と繰り返し素直に語っていく優一氏だが、息子だからこそ知る元貴乃花親方との知られざるエピソードも続々明かされる。松本が「小説にしたらええと思う」と感想を漏らす、知られざる花田家の不思議な関係とエピソードの数々は必見だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年2月7日のニュース