元祖チャイドル・野村佑香が第2子女児出産 家族で自身の胎盤食べる、長女は「おかわり!」

[ 2019年2月7日 14:25 ]

女優の野村佑香
Photo By スポニチ

 元祖“チャイドル”として知られる女優の野村佑香(34)が7日、自身のブログを更新。5日に第2子となる女児を出産したと発表した。

 「ご報告」というエントリーで「2月5日16時24分 2744グラム 元気な女の子、産まれました」と報告。「24時間かかったパープルちゃんの出産の時とは大違いで、産院についてから2時間で生まれるというスピード安産」だったと明かした。

 「助産院あるあるで自分の胎盤を食べる事が出来るのですが、(パープルのときも食べた)今回ももちろん天然プリプリのプラセンタを私はノリノリ、夫はおっかなびっくり食べたのですが…」と夫婦で胎盤を食べたことも報告。

 第1子の長女も興味を示して「まさかのパープルちゃんも“食べる!”と…。食べさせてみたら、まさかの“おかわり”!!まじか!!まぁ、何食べてるか分かんないんだろうけど。(味は生姜醤油)助産師さんたちもビックリしてました(笑い)」とつづった。

 野村は1990年代後半のチャイドルブームの代表格。27歳だった2011年9月6日に1歳上の一般男性と2年の交際を経て結婚。16年9月29日に長女を出産した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年2月7日のニュース