【新人賞】南沙良 悲願の受賞「この気持ち忘れずに…」

[ 2019年2月7日 05:30 ]

第61回ブルーリボン賞授賞式 ( 2019年2月6日 )

悲願の新人賞獲得となった南沙良(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 新人賞は、昨年もノミネートされた南沙良(16)が悲願の受賞。初主演作「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」で吃音(きつおん)症の女子高生を好演した。関係者によると大勢の前で話すのが苦手というが、この日は堂々とあいさつ。母親が客席から晴れ姿を見守る中「この気持ちを忘れず、おごることなく、ひとつひとつはしごを上っていきたい」と語った。

 自身の成長を感じるところを聞かれると「野菜を口にする回数が多くなった」と答え、会場の雰囲気を和ませた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年2月7日のニュース