純烈4人が騒動の裏側激白、マネジャーの身内に不幸が…情報収集で大混乱 ネットニュースで知ることも…

[ 2019年2月7日 22:10 ]

純烈の(左から)小田井、白川、酒井、後上
Photo By スポニチ

 メンバーの友井雄亮(38)が交際女性への暴力や金銭トラブルの責任を取って芸能界を引退し、4人組となったムード歌謡グループ「純烈」が7日放送のフジテレビ「直撃!シンソウ坂上」(木曜後9・00)に出演。4人が騒動の真相を激白した。

 昨年の「紅白歌合戦」(NHK)にデビュー11年にして初出場を果たし、さらなる飛躍が期待されていたスーパー銭湯アイドルの純烈。だが先月、週刊誌に女性トラブルを報じられたメンバーの友井が、純烈を脱退し芸能界から引退することを表明。「紅白歌合戦」初出場から、わずか11日後の引退だった。

 グループのリーダー酒井一圭(43)は、週刊誌発売の2日前に、仕事で訪れていた地方で、友井と二人きりの話し合いを行ったといい、その場で友井が報道内容を認めたと明かした。

 週刊誌の記事公開後、所属事務所は友井の謝罪ブログを発表するが、ブログ内に「すでに解決」という記述があったことから、その対応について多くの批判を浴びることとなった(その後、事務所はブログを訂正)。

 実は当時、純烈のチーフマネジャーに身内の不幸があり、チームの要(かなめ)が不在に。情報のハブとなっていたチーフマネジャーがいないため、大切な情報収集ができなかったという。酒井らメンバーは帰京する新幹線の中で、ブログに謝罪文が出ることをネットニュースで知るような状況で「誰がブログを上げたんだって…」と大混乱だった。

 友井の最初の謝罪ブログは、事務所スタッフが慌てて書いたものだったといい“このままではまずい”と、酒井がメンバーや純烈に関わる事務所スタッフ全員が入ったライングループを立ち上げて情報をまとめたという。MCの坂上忍(51)が「バッタバタだったね」と聞くと、4人とも「バッタバタでした」と反応した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年2月7日のニュース