【助演男優賞】松坂桃李 記者からの指摘感謝「背筋がピンと…」

[ 2019年2月7日 05:30 ]

第61回ブルーリボン賞授賞式 ( 2019年2月6日 )

助演男優賞の松坂桃李(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 松坂桃李(30)は「孤狼の血」で新人刑事役を熱演し、助演男優賞を受賞した。この日は、8日から始まる舞台「ヘンリー五世」の稽古があったため、劇場のある埼玉県から急いで直行。出番ギリギリでの会場入りとなり「なんとか間に合いました」と胸をなで下ろした。

 あいさつでは、あるスポーツ新聞の記者からの手紙を紹介。デビュー1年目の頃と、露出が増えたデビュー5年目の頃との態度の違いを指摘されたといい「その言葉を聞いて背筋がピンとなりました。そういう言葉をくれた記者さんにお礼を言いたい」と感謝した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年2月7日のニュース