×

巨人・坂本勇人、75日ぶり一発から2打席連発! 176度目猛打賞 立浪を抜き、歴代単独7位に

[ 2022年7月3日 16:12 ]

セ・リーグ   巨人―広島 ( 2022年7月3日    マツダ )

<広・巨>7回2死一塁、坂本は左越えに2打席連続となるソロ本塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 巨人の坂本勇人内野手(33)が広島戦(マツダ)の6回に1軍復帰後初アーチとなる4号ソロを放ったのに続き、7回には2打席連発となる勝ち越しの5号ソロ。負ければ3位転落&今季初の借金生活突入という危機にさすがの存在感を見せた。

 「5番・遊撃」で先発出場。まずは1―3で迎えた6回だ。先頭打者として入った第3打席。この回から登板した2番手右腕・ケムナが1ボールから投じた2球目、高め直球を左翼スタンドへ叩き込み、1点差に迫った。

 すると、3―3で迎えた7回には、この回から登板した3番手右腕・矢崎がフルカウントから投じた8球目、高めスライダーを左翼スタンド中段へ勝ち越しの5号2ラン。坂本の2打席連発と1試合2本塁打は昨年9月15日のDeNA戦(東京D)で4回と6回に2打席連発して以来となった。

 坂本は初回の守備で羽月の邪飛を落球し、今季9個目の失策。これでチームは不名誉な両リーグ一番乗りとなるシーズン50失策となった。だが、失策した試合もバットでしっかりお返し。坂本は4回の第2打席では先発右腕・九里から左前打を放っており、これで今季5度目、通算176度目となる猛打賞。立浪和義(中日)を抜いて歴代単独7位に浮上している。

 【通算猛打賞10傑】
(1)張本  勲(ロッテ)251度
(2)川上 哲治(巨 人)194度
(3)長嶋 茂雄(巨 人)186度
(4)野村 克也(西 武)180度
(5)福本  豊(阪 急)178度
(5)松井稼頭央(西 武)178度
(7)坂本 勇人(巨 人)176度
(8)立浪 和義(中 日)175度
(9)王  貞治(巨 人)171度
(10)広瀬 叔功(南 海)169度
※所属は最終、現役は坂本のみ

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年7月3日のニュース