×

新庄BIGBOSSも大喜び!“演技派”すぎる走塁にネット反響「楽しくて何回でも観れる」

[ 2022年7月3日 15:51 ]

パ・リーグ   日本ハムーオリックス ( 2022年7月3日    札幌D )

<日・オ>3回、石井の二盗の間に生還した松本剛を迎える新庄監督(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムがオリックス戦の3回、2死一、三塁から“トリックプレー”による得点に成功。奇襲を仕掛けた新庄監督が大喜びする場面があった。

 チームは0―3とリードされた3回、石井の右前適時打で1点を返し、なお2死一、三塁のチャンスが到来。打者・杉谷の場面で一走の石井が“わざとコケたフリ”をして牽制球に引っかかった形で一、二塁間での挟殺プレーを引き出すと、三走の松本剛が猛ダッシュで本塁へ生還。石井はそのまま挟まれアウトとなったが、貴重な追加点を挙げることに成功した。

 投手・山崎福は一走の石井が注意を引きつけたため、三走・松本剛の大きなリードに気づかず。牽制球が一塁手に渡るほぼ同じタイミングで本塁への生還を許してしまった。

 新庄監督はベンチ前で“奇襲作戦”を成功させた選手を称え大喜び。このプレーはネット上でも話題となり「ホームスチール流石に演技派すぎるな笑」「また華麗にホームスチール決めてて気持ちいい野球するなぁ、ほんと」「ハムのホームスチールは最高すぎたよ、上手すぎる」「今日のホームスチール楽しすぎて何回でも観れる」「ファイターズのホームスチールが美しすぎる」「石井選手は演技派ナイス!ホームスチール成功。やるなビッグボス」と反響。

 なかには「ホームスチールする事になるのは3番に杉谷という事をしてるせいでもある」「ハムのホームスチール、3番杉谷で笑う動画でしょ」「この間の非公開練習ってさっきのホームスチールの練習だったのかな」といった声もあった。

 なお、一塁走者が挟まれている間に三塁走者が生還したということで、記録として盗塁は記録されておらず、本盗(ホームスチール)にはならない。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年7月3日のニュース