×

広島・野村、10日西武戦で今季初先発へ「何とかチームに貢献したい」

[ 2022年6月7日 05:00 ]

今季初めて1軍に合流し、先発が見込まれる10日の西武戦に向けて調整した広島・野村(中央)
Photo By スポニチ

 広島の野村祐輔投手(32)が6日、今季初めて1軍の投手指名練習(マツダ)に合流。抹消の大瀬良に代わって今季初先発が予定される10日の西武戦に向けて調整した。ウエスタン・リーグでは今季8試合に登板し、リーグトップの防御率1・42。過去4勝無敗を誇る好相性のレオを斬り、自身2季ぶりの白星をつかむ。チームは7日から楽天3連戦に臨む。

 雨上がりのマツダスタジアム。日の光を浴びながら、野村は床田とキャッチボールし、外野のポール間走などに汗を流した。春季キャンプを含めて1軍に合流するのは今季初。満を持しての昇格だ。

 「マウンドで自分の持っているものを、しっかり出せるようにしたい。やってきたことをしっかり出せるようにという気持ちです」

 プロ11年目。新入団からの10年間で通算77勝を挙げた実績を持つだけに、今季のウエスタン・リーグでは別格の成績を残している。8試合に登板し、1勝0敗1セーブ。規定投球回を超える38回を投げ、防御率1・42は堂々のリーグトップだ。

 「(2軍でのテーマは)ストレートを中心に(球の)質を良くしていきながら。試合では自分の意図した球を投げられるように」

 選手会長で主戦投手の大瀬良が再調整により登録抹消。代わって10日の西武戦に先発する予定だ。同カードではチームも32勝27敗3分けと勝ち越すが、野村自身も抜群の相性を誇る。6試合に先発して4勝0敗、防御率1・60。期待は大きい。

 「メンバーが変わっているだろうし、もう前の話。相性がいいという感覚では入らない。やってきたことをしっかりマウンドで出すだけ。いろんな球種を使って抑えたい」

 復権を懸けた登板になる。20年秋に右鎖骨下の血栓を除去。手術の影響は否定できず、昨季は先発8試合で0勝4敗、防御率6・31と10年目で初の未勝利に終わった。白星をつかめば20年9月30日の巨人戦以来。2季ぶりに美酒を味わいたい。

 「何とかチームに貢献したい。昨年も、その前から個人的にも悔しい思いをしているので、晴らしたい」

 32歳。投手ではチーム最年長になったとはいえ、老け込むには早すぎる。好相性のレオ打線を斬り、表舞台に再び戻るつもりだ。(江尾 卓也)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月7日のニュース