日本ハム・2年目右腕の立野 6回2失点好投も3敗目「5回まではうまく試合をつくれた」

[ 2021年10月25日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム2―3ロッテ ( 2021年10月24日    ZOZOマリン )

<ロ・日>日本ハム先発の立野(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 日本ハムの立野が6回2失点(自責1)と好投も3敗目(4勝)を喫した。5、6回にそれぞれ失点したが、優勝を争うロッテ打線を相手に好投。今季先発として台頭した2年目右腕は「前半から真っすぐ主体で押して、5回まではうまく試合をつくれた」と振り返った。

 栗山監督は「内容は悪くなかったけど、それでもゼロに抑える投手になってくれと伝えた」とさらに高いレベルを求めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月25日のニュース