ヤクルト戦力外の蔵本が現役引退発表「新たなステージに向かって頑張っていきたい」

[ 2021年10月25日 20:27 ]

ヤクルトの蔵本治孝投手
Photo By スポニチ

 6日にヤクルトから戦力外通告を受けた蔵本治孝投手(26)が自身のツイッターで現役引退を発表した。

 「東京ヤクルトスワローズの監督、コーチ、裏方さん、球団関係者の皆さん、チームメイトの皆さん本当にありがとうございます」と感謝。「現役生活を引退します」と報告し、「新たなステージに向かって頑張っていきたいと思います」とつづった。

 蔵本は岡山商科大から17年ドラフト3位で入団。19年にプロ初登板を果たし、8試合にで防御率9・24の成績を残した。20年以降は登板がなかった。
  

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月25日のニュース