オリックス・紅林 マーから「技あり」一本! スプリットを左前適時打「気持ちで打ちました」

[ 2021年10月25日 19:28 ]

パ・リーグ   楽天ーオリックス ( 2021年10月25日    楽天生命パーク )

<楽・オ(25)>5回2死二塁、オリックス・紅林は先制の左前適時打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 オリックス・紅林が先制打を放った。

 5回2死二塁で田中将の低めスプリットに何とか食らいつくと、打球は三遊間を抜けて左前へ。二塁走者・T―岡田も激走し、最後はヘッドスライディングで先制のホームを踏んだ。

 試合を動かす一打に紅林は「追い込まれていたし、形というよりもなんとか食らいついていこうと思って、気持ちで打ちました!当たりはよくなかったんですが、いいところに飛んでくれて良かったです」と笑顔を浮かべた。

 25年ぶりのリーグ優勝へ絶対に負けられないシーズン最終戦。2年目の若武者が先制点をもぎとった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月25日のニュース