PHOENIX初の4強!古原1失点完投で導く「開き直ったのが良かった」

[ 2021年10月25日 05:30 ]

スポニチ主催高松宮賜杯全日本軟式野球大会2部第2日   PHOENIX5―1KH ( 2021年10月24日    熊本市水前寺野球場 )

<PHOENIX・KH>完投したPHOENIXの古原
Photo By スポニチ

 4会場で2回戦、準々決勝の12試合が行われた。PHOENIX(山口)は準々決勝でKH(東京)に5―1で勝利し、初のベスト4進出を果たした。ZERUCH UT(栃木)、寿々(愛知)、キャスクラブ(広島)も4強入り。25日は準決勝と決勝が行われる。

 PHOENIXは先発した左腕の古原が5安打1失点完投で初の4強入りだ。初回先頭に安打を許したが「開き直ったのが良かった」と後続を断つと、2回以降は直球、スライダーのコンビネーションで相手打線を封じ込めた。4年前のベスト8を上回る快進撃。村田望監督は「選手を誇りに思います。明日も一戦必勝で頑張りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月25日のニュース