稲葉氏、日本ハムGMに就任へ 栗山監督が今季限りで退任、新監督には新庄剛志氏が有力

[ 2021年10月25日 05:30 ]

稲葉篤紀氏
Photo By スポニチ

 日本ハムのGMに、東京五輪で侍ジャパンの監督を務め、チームを金メダルに導いた球団OBの稲葉篤紀氏(49)が就任することが24日、関係者への取材で分かった。稲葉氏は14年の現役引退後、球団のSCO(スポーツ・コミュニティー・オフィサー)を務めている。吉村浩GMは、兼務しているチーム統括本部長職に専念する見通しとなっている。

 日本ハムは3年連続でCS進出を逃し、栗山監督が今季限りで退任。新監督には、同じく球団OBで、稲葉氏とチームメートだった新庄剛志氏(49)の就任が最有力となっている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月25日のニュース