ドジャース、連続世界一の夢断たれた 強力打線わずか2得点で終戦

[ 2021年10月25日 02:30 ]

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第6戦   ドジャース2-4ブレーブス ( 2021年10月23日    アトランタ )

敗退にうなだれるドジャースナイン(AP)
Photo By AP

 ドジャースはWS連覇の道が断たれた。

 強力打線がわずか5安打で2点しか奪えず、デーブ・ロバーツ監督は「チャンスはあったが、ものにできなかった。相手がよくしのいだ」と振り返った。

 レギュラーシーズンでは先発陣を中心に故障者が続出しながら、ブレーブスを18勝も上回る106勝を挙げた。指揮官は「さまざまな壁を乗り越えてここまで来た。選手、球団関係者はそのことを誇りに思ってほしい」と称えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月25日のニュース