創部5年目の寿々(愛知)が初出場初優勝!MVPの小栗が2安打3打点と活躍

[ 2021年10月25日 19:29 ]

スポニチ主催高松宮賜杯全日本軟式野球大会2部 決勝   寿々(愛知)5―4PHOENIX(山口) ( 2021年10月25日    熊本県リブワーク藤崎台 )

<寿々・PHOENIX>5回に本塁打を放つなど2安打3打点の小栗
Photo By スポニチ

 創部5年目の寿々(愛知)が初出場、初優勝を飾った。

 ヒーローは2安打3打点の1番、小栗翔一郎内野手(23)だ。3回に右中間に同点の適時二塁打を放った。

 2点リードの5回には内角のカーブに反応し、右越え本塁打。「後ろにつなごうという意識だった」と話した。7回にも左犠飛で追加点を挙げた。今大会は全試合安打を放つなど最優秀選手賞(MVP)にも選出された。

 寿々は愛知県の介護老人ホームで働くメンバーで構成されている。職場のスタッフ、利用者からはいつも「頑張って」と声を掛けてくれるという。村上寛監督(46)は「最高の報告ができます」と喜んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月25日のニュース