阪神 アルカンタラを抹消…外国人枠に1つ空き、2軍ではマルテがスタンバイ

[ 2021年8月30日 15:12 ]

阪神・アルカンタラ (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 阪神は30日、ラウル・アルカンタラ投手、山本泰寛内野手、熊谷敬宥内野手の出場選手登録を抹消した。山本、熊谷は1軍では主に守備固め、代走として起用され、アルカンタラはブルペンで勝ちパターンの一員を担っていた。

 チームは29日の広島戦まで外国人枠の登録上限5を満たして戦ってきたが、アルカンタラの抹消で枠は1つ空いた。2軍では一時帰国して調整過程だったマルテが昇格の準備を整えている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月30日のニュース