×

オリ7回2死から4連打!!!!ソフトB・和田の先発試合で5年ぶり白星 V撃の宗「強い思いで」

[ 2021年8月30日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス6ー3ソフトバンク ( 2021年8月29日    京セラD )

<オ・ソ>勝利のハイタッチをする決勝打を放った宗(中央)らオリックスナイン(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 流れるような集中打で決着をつけた。オリックスは2―2の7回2死一、三塁から宗が右前に勝ち越し打を放つと、吉田正の右中間2点二塁打、杉本の中越え適時三塁打と止まらない。この回5安打4得点。中嶋監督も「全員でつながった得点」と認める攻撃力で、貯金を今季最多タイの12に戻した。

 “天敵”の攻略が勝利への足がかりとなった。1点を追う4回、ソフトバンク先発・和田から1死一、二塁の好機をつくり、杉本、ジョーンズの連続適時打で逆転。2―2の5回には2単打で2死一、三塁としマウンドから引きずり降ろした。土を付けることこそできなかったが、左腕の先発試合では16年9月8日以来5年ぶりの勝利。同連敗を9で止めた。指揮官は「苦手にはしているが、いろいろ対策しながらやっている。完全KOではないが、あまりそういう意識もなく、いけているとも思う」と振り返った。

 勝ち越し打を含む3安打の宗は「後ろに(吉田)正尚さんがいるので僕は自分のスイングしようと思った」。つなぎの意識は仲間への信頼感によって生まれる。「あそこ(打席)では今までやってきたことしか出ない。それでダメならしょうがないと割り切っていっている」。宗の言葉がチームの共通認識だ。

 7年連続で負け越しているソフトバンクとの対戦成績を、8勝8敗1分けの五分に戻した。4年連続日本一の相手に対し、宗は「優勝するためには絶対に倒さないといけない相手。毎年やられているし、チームとして絶対に勝つ、強い思いでやっている」と言葉に力を込めた。シーズン残り44試合。25年ぶり頂点へ、隙を見せることなく独走態勢を築く。(桜井 克也)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月30日のニュース