【市川いずみの届け夏エール】「2人で」投げ抜いた西村君、小畠君 ともに智弁学園の最高のエース!

[ 2021年8月30日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権大会決勝   智弁学園2ー9智弁和歌山 ( 2021年8月29日    甲子園 )

<智弁学園・智弁和歌山>9回、小畠(左)に水を持って行く智弁学園・西村(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 智弁学園のダブルエース、西村王雅君と小畠一心君は4度目の甲子園を約束通り「2人で」投げ抜きました。

 小坂将商監督は「モノが違う」と入学直後から両輪を大絶賛。当初はブルペンに並ぶと、投げている球種が気になるほどにライバル心をメラメラさせていました。背番号1を先にもらったのは西村君。指揮官は冗談交じりに「1番渡しておけば気分よく放るやろ」と負けず嫌いな性格を利用。「一心が1番やったらやばかったっす!」と西村君が言えば、小畠君も「1番諦めてないんで」。マウンドに上がれば最後まで投げたい――。エース争いはし烈でした。

 ただ、3年生になると関係に変化が表れます。「日本一になるには一人では勝ち切れない」という考えが一致し、互いに気付いた点を伝え合うようになりました。最後の夏、何度も口に出した言葉は「2人で投げて日本一になる」。決勝までの6試合、イニング間はいつも2人でキャッチボールをしました。

 この日も9回2死、西村君が水を持ってマウンド上で左足がつった小畠君のもとへ駆け寄り「大丈夫やから」と激励。聖地で重ねた162個の全アウトは2人でとりました。「今までありがとう」。こらえていた涙は抱き合った瞬間にあふれました。西村君、小畠君、2人とも智弁学園の最高のエースでした!

 ◇市川 いずみ 京都府出身のフリーアナウンサー。山口朝日放送時代に高校野球の実況で「ANNアナウンサー賞最優秀新人賞」を受賞。高校野球検定に合格し自宅に甲子園の土を飾るほど生粋の高校野球好き。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月30日のニュース