3位転落に「気持ちが下がって落ち込む必要もない。前向いてやっていくしかない」 阪神・矢野監督語録

[ 2021年8月30日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神0ー5広島 ( 2021年8月29日    マツダ )

<広・神>ベンチで水分を補給する矢野監督(右)=撮影・岩崎 哲也
Photo By スポニチ

 【29日の阪神・矢野監督語録】

 ▼バッテリーは鈴木誠に工夫を アキ(秋山)も味方がエラーした時は自分が頑張るという気持ちで投げてくれているとは思うけど、そういうところでチームワークというのが出てくる。あまりにも簡単に打たれたんで。そこはバッテリーで、もうちょっと考えないと。鈴木誠也というバッターに対して、バッテリーで協力してやっていかないと。

 ▼3位転落も勝負はこれから ずっと上でね、1番でいられることはもちろん一番いいことだし、最終的に一番上にいることが大事。別に今(の順位が)どうやから、気持ちが下がって落ち込む必要もない。前向いてやっていくしかない。

 ▼甲子園で仕切り直し 毎日、試合あるのがプロ。自分たちで切り替える努力をしていかなあかんし、他力で変えられるということじゃないんで。自分たちで、どう変えるかということをやっていく必要がある。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月30日のニュース