西武・栗山 9回に右前打 2000安打あと4「変わらず一本一本」、チームは今季7度目零敗

[ 2021年8月30日 05:30 ]

パ・リーグ   西武0―6日本ハム ( 2021年8月29日    メットライフD )

<西・日>9回無死、右前打を放つ栗山(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は投打に覇気なく、今季7度目の零敗。辻政権5年目でワーストの借金9となった。辻監督は「数字がどうこう言っている余裕はない。選手は必死で戦っている。勝つことだけしか道はない」と必死に前を向いた。

 打線は新人の伊藤に4安打に封じられ、得点圏に走者を進めたのは2度だけ。そんな中で栗山が9回に右前打。球団生え抜き初の通算2000安打に残り4本とし「変わらず一本一本という気持ち」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月30日のニュース