×

わずか5安打1得点の中日・与田監督「もう少し点を取らないと」決定力欠く打線に奮起促す

[ 2021年8月30日 05:30 ]

セ・リーグ   中日1ー5巨人 ( 2021年8月29日    バンテリンD )

<中・巨>巨人に完敗し、険しい表情の中日・与田監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日打線は5安打で1点しか奪えず、完敗。与田監督は「(今カード)3試合で6点か。もう少し点を取らないと」と嘆くしかなかった。

 7回2死一塁から不振の高橋周が18打席ぶりの安打となる左中間への適時二塁打を放ち、ビシエド以外が6試合ぶりに打点を記録。だが反撃はこの1点止まりで、3四球でもらった5回1死満塁の好機をつぶすなど、決定力不足は相変わらず。指揮官は「打てるようになることは簡単ではない。根気よく続けることや、新しいことに取り組む勇気が必要になる」と奮起を促した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月30日のニュース