智弁学園が誇る投の両輪まさか 先発・西村5回4失点 継投の小畠も5失点と流れ変えられず

[ 2021年8月30日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権大会決勝   智弁学園2ー9智弁和歌山 ( 2021年8月29日    甲子園 )

<智弁学園・智弁和歌山>9回途中、智弁学園・西村(左)は足がつった小畠に水を渡す(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 智弁学園が誇る左右の両輪が打ち込まれた。先発の左腕・西村王雅は不安定な立ち上がりを攻め込まれた。初回、プレーボール直後の初球を中越え二塁打されるなど、いきなり5安打を浴び4失点。2回以降は走者を許しながらも粘ったが、5回8安打4失点。102球で降板した。

 「決勝で相手は智弁和歌山。気負ってしまい、抑えないといけない、勝たないといけないと思ってしまった」

 西村から「自信を持ってマウンドに上がれ」と激励され、6回から登板した右腕・小畠一心も球が走らず毎回の5失点と流れを変えられず。9回には左足がつり、最後のアウトを奪うと足を引きずりながらベンチに戻った。「疲れを理由にしていたらまだまだダメ。自分のふがいなさが出た試合」。

 試合後はともに号泣した。西村は4試合に先発し、小畠は先発、救援とフル回転で全6試合に登板した。1年夏から甲子園を経験し切磋琢磨(せっさたくま)して成長した2人の集大成が準優勝につながった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月30日のニュース