×

巨人奪首、打線組み替えが的中 不振の丸外してウィーラーを初の1番に

[ 2021年8月30日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5―1中日 ( 2021年8月29日    バンテリンD )

<中・巨>3回、二塁打を放ち、塁上で喜ぶウィーラー(撮影・森沢 裕)
Photo By スポニチ

 巨人打線の組み替えが的中した。不振の丸を先発から外し、ウィーラーが来日7年目で初の1番、松原を丸の代わりに中堅で起用。ウィーラーは3回に先頭で中越え二塁打を放ち、吉川の中犠飛で先制。4回には8番の松原が左中間へ適時二塁打を放った。

 原監督は「我が軍はワンチーム。どこを打とうが決められたポジションでベストを尽くすということ」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月30日のニュース