×

日本ハム・王柏融 先制の満塁一掃打!2試合連続の3打点

[ 2021年8月30日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム6―0西武 ( 2021年8月29日    メットライフD )

<西・日>4回無死満塁、走者一掃の先制適時二塁打を放つ王(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 日本ハムは西武に7―0から追いつかれて引き分けた前日28日のショックを引きずらなかった。西武・本田を打順が2巡目に入った4回に攻略。4点先取に成功し、マウンドの伊藤を援護した。

 夏の甲子園大会で後輩が全国制覇を遂げた智弁和歌山OBの西川が先頭で中前打。野村が左前打でつなぎ、近藤が四球を選んで無死満塁となった。5番の王柏融は「最低限、犠飛で1点は入れるという気持ち」で打席に向かう。1ボールからのファーストストライクを積極的に狙い、中越え二塁打で走者を一掃した。

 2死三塁から石井が続く。外角高めに抜けてきた直球を叩き、左中間突破の適時二塁打とした。「2球で追い込まれてしまいましたが、なんとか粘っていった結果がタイムリーにつながったと思う」。前日は7―0の5回に初失点のきっかけとなる失策をした。名誉挽回の一打となった。

 栗山監督は2試合連続の3打点をマークした王柏融に「ちょっと(調子が)落ちていたかなと思ったけど、戻ってきたね」と目を細めた。王柏融自身は、調子の決め手をワンポイントで語った。「練習するだけ。いい感触が体に染みこむように練習するだけです」。34打点は近藤の45に続くチーム2位。まだまだ量産していく。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月30日のニュース